MENU

AV女優「友田真希」のまとめ

目次

友田真希の経歴

2002年8月にAV女優としてデビューをした友田真希さん。友田真希さんのAVデビュー作はセンタービレッジからリリースされた「人妻慕情」です。

2006年には47分間のドキュメンタリー「影の光」が制作・公開されます。このドキュメンタリーを制作したのはフランス人映像作家ヴァンサン・ギルベールさんです。

ネットで友田真希さんのことを知り、来日。AVメーカーのドグマで働き始め、このドキュメンタリーを撮影したそうです。

2007年には「特命係長 只野仁(3rdシーズン)」に出演。高橋克典さんと騎乗位セックスを演じていました。

2008年に開催されたAVグランプリ2008で「人間酷包 友田真希」がSM・陵辱部門賞に選出されていました。SM好きの方は絶対に見るべきAVです。

友田真希さんはAV男優兼監督の桜井ちんたろうさんと結婚。2010年には妊活のためAV女優を引退しています。

友田「はい。結婚したから引退というわけではなくて、妊活のための引退でした。最初は、妊娠は自然に任せようと思ってたんですけど、気が付いたら『あれっ、私、もう38歳!?』みたいな感じで、そんなにのんびりしてられないかなとも思いましたし、もし妊娠したときに、まだ撮影が残ってる状態だとご迷惑をおかけしてしまうので」

2012年8月31日に発売された「情艶縛女 ~友田真希の世界~」の映像特典で、約10分間モザイク処理がされていないという事件(?)が起こっていました。

2016年8月25日に「専属復活 友田真希」でAV復帰をしています。

友田「決定打はなかったんですよ。今年になってふと『やろうかな』って。ただ、引退してからもAVメーカーのマドンナさんが毎年忘年会に呼んでくださっていて、私、何の貢献もしてないのにタダ酒を飲ませていただいてていいのかな~って思ってたんです。引退してるのに毎年呼んでくださるなんて、いいメーカーさんだなと思ってて(笑)。それで、育児も少し落ち着いてきた頃に、月に1~2本だったら撮影できるかなって思えてきて、やっぱり現場に戻りたいっていう気持ちがわいてきたんですよね」

友田真希の無修正動画の一覧

カリビアンコム

パコパコママ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる